たこ焼きブログ

大阪のたこ焼きブログ

6/10 日曜日 1件目 「わなか」

わなか 外観

「わなか」

8 450

ソース、青海苔かつお

マヨネーズ

柔らかさ4/5
表面のカリッとさ1/5
タコの大きさ 普通?12cm
ソースは意外と濃厚で
甘みと少しの辛味?

同行者 ダテカイ、T氏 

 

 

おいしいたこ焼き屋さんって

どこ?」と大阪人に聞いたら

10人中7人が「わなか」と

言いそうな雰囲気さえある有名店。

 

場所はなんばグランド花月

(通称NGK)のすぐ横に立地し、

知名度、存在感、間違いなく

トップクラスである。

 

 記念すべき

大阪たこ焼きブログ一発目は

やはりここしかない。

 

この2018/06/10という日は

大阪人の、大阪人による、

大阪人のための大阪たこ焼き

ブログを作ろう!

という目論見で

初のたこ焼き食べ歩きツアーが

開催された日であり、

その記念すべきツアーの

1店舗目に選ばれたことからも

わかるであろう。

まさに大阪人が

まずたこ焼きといえば」で

チョイスする名店である。

 

ただ、筆者本人も最後に

いつ食べたのか覚えていない。

このNGK横は月に必ず何度か

訪れる場所であり、いつも

目にはしているのだが


そもそも

 " 行列に並んでたこ焼きを

外で買って食べる習慣がない " 

のである。


久しぶりに外でたこ焼きを

買って食べることに少し心は

ワクワクしていた。

 

 

わなか 外観2

当日は日曜日ということもあり、NGKの前は人通りがすさまじく

ここ最近の大阪のインバウンド事情もあってか外国人が非常に多い。

お目当ての「わなか」にもいろんな人種が並んでいたように思う。

 

さて、やはり超有名店。

当然行列ができている。

待ち時間を考慮に入れなければ

「わなか」のたこ焼きを

ゲットすることはできないと

考えるべきであろう。

お土産などで持参してくれた人に

対して行列の待ち時間分も

これからは感謝してほしい。

 

 

実食タイム

 「うん、普通

 

 のっけからで申し訳ないのだが、

これしか言葉が浮かばない。

おいしいよ、もちろん

確実においしいのだ。

 

ただ、

大阪人がイメージする

たこ焼きそのまんま

すぎて言葉が出ない。

 

 

うーん、偏差値でいえば

50とかになるのかなぁ。

「車用意しておいて」と言って

出てきたのがカローラでした、

みたいな。違うか。


うーん、なんだろう、

うまく言えないこの感じ。

(後日談としては、

非常によくできたたこ焼きであり、

まさに"東京や他の地方から

きた人にまず食べさせるべき

たこ焼き"である、

という結論に達しました)

 

 

同行したT氏(大阪人)も

「うん、普通やな〜」と

微笑んでいる。

この時点ではまだこうとしか

表現しようがない。

なにせ1店舗目だもの。

 

 

オードブルなソース

置きに行ってる感ありますよね

などの迷言を連発したこの男に

ついてはまた後ほど語るとして。

 

 

  • まず、デカい。サイズ的に一般家庭で作るものより大きい。(後日談で実はこのサイズはそんなに珍しくない)
  • トロトロすぎて一口で食べないといけないが熱々なのが怖くて食べられない。
  • マヨネーズが標準なのは高評価。(これまた後日談で、ほとんどのお店がマヨネーズをON or OFFを選択できる。)

 

よく

「外はカリッと中はふわっと」

なんて表現がされるが、こちらは

カリッと要素は1mmも

なく、中はトロトロで

水分量が多い


できればお箸で食べたいくらいの

柔らかさである。

 

カリッとはカリッとの良さが

あるけど、これはこれでいいよね、

という感じ。

ふわふわとろとろ〜♪」 と

言いながら女子が食べているのが

想像できる。

女子ウケはおそらくかなりする

であろうと思われる。

 

 

2個しか食べてないけど

結構お腹がふくれる。

ソースが濃厚なので

食べた感がある。

 

たこ焼きを食事として食べるか

間食(おやつ)として食べるか

は永遠のテーマであり、

個々人のポリシーによって

変わってくる。

こちらはおやつとして食べるには

1人で8個はあまりにも多い。

できれば食事と併用するか、

軽めの食事としてオススメしたい。

 

 

個人的総合評価

 

"東京や他の地方から

来た人にまず食べさせる

べきたこ焼き"

 

うまい!

ここを食べずして

大阪のたこ焼きは語れない!

 

名店認定 です!